対処法

敏感肌に悩んだときの対処法

 

皆さん、敏感肌に悩んでおられませんか。
特に季節の変わり目は、肌にも影響が出てくるので困ってしまいますよね。

 

どの人にも敏感肌になってしまうきっかけになる元はあります。

 

そもそも、敏感肌とは一体どういう症状の事を言うのでしょうか。
敏感肌は、何気ないときに肌がヒリヒリしたり、チクチクした痛みを感じたりします。

 

表面的に症状が現われる場合もあります。
ポツポツとニキビが出来てきたり、赤く腫れたり、痒みが生じたりします。

 

私の場合は、花粉症の時期やストレスが溜まっている時に、必ずと言っていいほど肌が痒くなります。

 

その時に、痒くて掻いてしまうと更に悪化する原因になるので注意しているのですが、寝ている時に知らない内に無意識に掻いている時があって、朝起きたらみみず腫れになっていた..なんていう時もありました。

 

皆さんは、どんな症状でお悩みですか。

 

敏感肌の時に、それ以上悪化させないために出来る幾つかの方法をここでご紹介したいと思います。

 

まず一つ目に、どんな時に肌が敏感になっているのか見極めることが大切です。
例えば、疲れが溜まっている時に症状が現われていると感じる場合は、身体を休ませる事を最優先にしてあげて下さい。

 

頑張っている自分へのご褒美をするのも良いですね。
ちょっとしたご褒美でも充分満たされた気持ちになりますよ。

 

疲れだけではなく、先ほど延べた季節の変わり目の時期に症状が出るようなら皮膚科を受診して薬を処方してもらうことで症状が和らぐこともあります。

 

ニキビも、皮膚科に行けばその症状に合った塗り薬や飲み薬を処方してもらえるのでお勧めです。
自分で治そうとするのではなく、専門の医師に頼るのも一つの手段です。

 

二つ目に、女性であればホルモンバランスの関係で症状が現われる場合もあります。
生理が終われば治まった..ということはありませんか。

 

それでも症状が治らない場合は、産婦人科で診てもらいましょう。
もしかしたら、他の病気が原因と言う場合もあるからです。

 

人間の身体は中で異常が生じた場合、身体の外で症状を出して知らせる場合も少なくないからです。
気になる方は是非行ってみることをお勧めします。

 

三つ目は、ストレスを溜めないことです。
私はこれが一番だと思っています。
自分の身体の声を無視していませんか。

 

無理して我慢すると、身体はSOSを出してきます。
是非、自分の身体を一番に考えてあげてくださいね。
そうすると、余裕が出てきて身体の状態も良くなるかもしれません。

 

皆さんが少しでも敏感肌から解放される方法が見つかるよう祈っています。