原因と対策

敏感肌の原因と対策

 

化粧品を使うと肌が赤くなったり、ピリピリするようなことを一般的に敏感肌と言います。しかし、敏感肌という病気はなく、そのような症状が出ることを敏感肌と言っています。

 

最近は敏感肌対策の化粧品なども多く販売されており、多くの人が敏感肌で悩んでいることがわかります。
では、敏感肌とはどのような症状を言うのでしょうか。

 

敏感肌の症状は人それぞれ様々ですが、多くはちょっとした刺激などでかゆみが出たり、赤くなってしまったりします。
そして、その敏感肌になる理由もいろいろあります。

 

例えば、肌に合わない化粧品を使っていたり、不規則な生活で肌の抵抗力が下がっていたりすることが大きな原因です。
また、栄養が足りておらず皮膚の表面が弱くなってしまっていたりするのも原因となります。

 

敏感肌は肌のバリアがうまく機能しなくなった時におこりますが、原因は体の内側と外側の両方が原因となります。
敏感肌の具体的な原因はいくつかあります。
スキンケアの方法が間違っている。
生活習慣が乱れている。
ホルモンのバランスが崩れている。
敏感肌の体質である。

 

以上のような理由で敏感肌となってしまう可能性が高くなります。
少し具体的に見ていきましょう。

 

ます、スキンケアについて。

 

敏感肌になってしまう場合、お肌が乾燥状態になり、刺激に弱くなっているということが考えられるため、お肌の保湿が必要となります。
保湿成分の高い化粧水や美容液を使い、お肌の角質を傷めない洗顔とするなどの対策が必要です。

 

次に生活習慣については以下のようなことについて気をつける必要があります。

 

ストレスを溜めない。
睡眠をしっかりとる。
食事はバランスよくとる。
次にホルモンバランスについて。

 

女性には月経、妊娠などホルモンバランスが大きく変化する時期があります。
そのような時には、上記のスキンケアや生活習慣に気をつけながら生活をすることが必要です。

 

最後に、敏感肌の体質である場合も考えられます。
花粉症だったり、親がアレルギー体質であったりする場合は、敏感肌になりやすいとも言われています。

 

敏感肌は人それぞれで症状間違えば原因も違います。

 

しかし、敏感肌の最も多い原因の乾燥肌のケアをしっかりするこどで、敏感肌の症状は大きく改善されます。
本来肌が持つバリア機能を低下させないように、適切なスキンケアを行なったり、食事を摂ることを心がけるとともに、ストレスを溜め込まないような生活をすることが大切です。